ストライキは組織犯罪なのか?

12月14日、院内報告集会「ストライキは組織犯罪なのか?」を開いた。 集会では、小谷野書記長が「関西の生コン業者団体による組合攻撃と権力弾圧」と題して現状報告。大阪の担当弁護団から永嶋靖久弁護士が「権力弾圧の実態と問題点

Continue reading

関西生コン弾圧事件で秘密保護法対策弁護団と共謀罪対策弁護団が抗議声明

12月6日、秘密保護法対策弁護団総会において、関西地区生コン支部に対する権力弾圧は「共謀罪のリハーサル」だとして抗議する声明が採択された。 5年前、秘密保護法が強行採決された。昨年は共謀罪を創設する組織犯罪処罰法改正案が

Continue reading

韓国から連帯メッセージ

関生支部に対する権力弾圧について、韓国民主労総の地域組織が抗議声明を出してくれた。 日本政府宛抗議声明を出したのは、民主労総(全国民主労働組合総連盟)の全羅北道地域本部。関西の全港湾が中心になって長年にわたり地域的な交流

Continue reading

奈良県警は襲撃犯を逮捕しろ!

「奈良県警は市民の味方じゃないのか!」――観光客で賑わう奈良公園一帯に、デモ隊のシュプレヒコールが響きわたり、注目を集めた。 11月25日(日)午後、3連休最終日とあって、たくさんの観光客で賑わうJR奈良駅広場で、「エム

Continue reading

抗議声明

抗  議  声  明  11月21日、大阪府警が、関西地区生コン支部の武建一委員長、武洋一書記長ら4人を不当逮捕した。昨年12月輸送ゼネストの一環として実施した、宇部三菱大阪港SS(セメント出荷貯蔵基地)と中央大阪生コン

Continue reading

韓国建設労組と定期交流

11月8~11日、連帯ユニオンの代表団が韓国を訪問。韓国建設労組と交流した。 ソウル到着後、訪韓団はまず建設労組事務所で関西の生コン業界でつづく権力弾圧と業者団体との闘争について菊池委員長が報告した。 これに対し、韓国建

Continue reading

福島の子ども支援 富士山のふもとプロジェクト

10月6~8日、福島県の子どもの「保養」を支援する、「富士山のふもとプロジェクト」。連帯ユニオン静岡の報告と参加した家族からの感想が届いた。 福島原発事故から7年。原発事故による放射線被ばくはいまもつづく。「保養」支援は

Continue reading

大阪労働者弁護団が抗議声明

10月11日、大阪労働者弁護団が、関西地区生コン支部に対する権力弾圧について、「連帯労組に対する大規模刑事弾圧に抗議する」との声明を出した。 >>こちらをクリックしてPDFでお読みください。 https://docs.w

Continue reading

ネットを悪用した「ヘイト攻撃」を考える

弁護士に対する大量懲戒請求をはじめ、さまざまな分野で広がるネットを使ったデマと攻撃に対抗しようと、10月3日、院内集会がひらかれた。主催は、松本耕三(全港湾)、菊池進(全日建)、鈴木剛(全国ユニオン)、嶋﨑量(弁護士)の

Continue reading

熱気あふれる集会、危機感を共有

9月22日、「労働組合つぶしの大弾圧抗議集会」が大阪市内のエルおおさかで開かれた。参加した池田幸代さん(社民党)の集会レポートを、ご本人の承諾を得て転載させていただくことにした。 連帯ユニオン関西地区生コン支部に対する弾

Continue reading